【エリオット波動】ビットコインの中期的予想【仮想通貨】

仮想通貨

こんにちは!AQトレードです。

さて、本日7/12は仮想通貨取引所ビットポイントがハッキングを受け、およそ35億円の被害が出たとニュースがありました。

それを受けてビットコインはやや下落したものの、反応は限定的でした。

以前のビットコインの値動き予想記事はこちら。記事執筆段階では上昇を続けていたビットコインですが、そろそろ調整が来るのではと予想し、現在4時間足レベルで調整段階に入っているので、無事予想が当たってホッとしています。

また、セキュリティ面でも定評のある仮想通貨取引所はこちらで紹介しています。

【エリオット波動】ビットコイン中期的値動き予想

さて、現在ビットコインは下のチャートのように高値安値を切り下げる調整段階に入っています。

BTCUSD 4時間足チャート ログスケール

6/27の高値を超えられずに現在まで推移していますが、今後は再び上昇を続けるのか、さらに下落していくのか、といった局面です。

結論から言うと、もう少し下落があるのではないかと考えています。

具体的には、7,300ドル程度まで下落するパターンと、9,650ドル程度でとどまるパターンの2つを考えています。

ビットコインは今後さらなる下落が考えられる!

BTCUSD 1時間足 ログスケール

上記チャートは6/27の高値以降の1時間足チャートです。

エリオット波動では上記のような修正波が進行中と考えられ、現在C波だと想定しています。

となると、今後は大きな下落が予想され、最低でもA波終点の9,650ドルは割る可能性が非常に高いと考えています。

BTCUSD 日足チャート ログスケール

さらに日足チャートを見てみると、A波終点にあたる安値はフィボナッチ38.2%ラインで反発していることがわかります。

今後の下落がフィボナッチ61.8%ラインまであるとすると、7,300ドル程度まで下落があってもおかしくはありません。

しかし、その後は月足レベルの大きな3波として強く上昇し、史上最高値を超えていくことが予想されます。

【まとめ】ビットコインのトレード戦略

BTCUSD 月足チャート ログスケール

私はビットコインは中長期でのトレードを行っていますが、次のトレード戦略としては今回説明したような下落が来たときにフィボナッチを目安に買い下がるということだけです。

長期的にはかなり上昇が望めるチャートですので、次の下落で現物を長期ホールドしておき、2017年に次ぐ2度目のバブル到来を待つのが良いのではないでしょうか。

【7/12】日経平均&ドル円の値動き予想動画

さて、私は毎日YouTubeの方に日経平均とドル円の短期的な相場予想を上げていますので、そちらのほうもぜひご覧ください。

【2019/07/12】日経平均 ドル円今後の展開予想

また、現在ブログランキングに参加させていただいており、ぜひともバナーのクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました