【冷静になる方法】トレード中メンタルが冷静でない時のサインと対策

メンタル

こんにちは!

今日は、先日投稿したトレード中のメンタルに関する記事の続きです!

さて、トレードにおいて冷静かつ客観的な判断を下すためにメンタルは非常に大切な要因です。

今回は、トレード中に自分が冷静でないと気付く方法、また冷静でない時の対処法についてお話ししましょう!

メンタルが赤信号なのはこんな時

含み損が膨らんだり、逆に利益が重なっていったり…大きな額のリアルマネーを動かすことも多いトレードでは、知らず知らずのうちに平常心が失われていることがあります。

しかし多くの場合本人はそれに気づかず、自分は冷静でいるつもりでポジションを取り、期待値の低い位置でのエントリーや早すぎる利確、遅すぎる損切りをすることになってしまうのです。

では事前にメンタルが冷静でないことに気づくにはどうすればよいのでしょうか。

メンタルが冷静でない時、そのサインが感情として現れます。

その感情について今回は見ていきましょう。

祈っていたら赤信号

持ったポジションに対し利益が出るよう祈るということは、それだけ不安を感じているということです。

不安の原因は様々ですが、多くは自分の手法の期待値に自信が持てていないことにあります。

もしくは、正しく手法通りにエントリーしていない場合も不安を感じるでしょう。

自分の手法に信頼を置いていれば、長期的に見て利益は出るはずだから、1回のトレードが損切に終わっても何も問題はないのです。

ゆえに、祈るという行為は準備不足からくる不安が原因となっていることが多いです。

自分がトレード中祈っていることに気づいたらメンタルが不安定な証拠だと言えるでしょう。

そうした場合、一度自分の手法を見直したり、損切りになってもいいような少額の実験的なトレードに切り替えるのが有効です。

損益を見て一喜一憂

皆さんも初心者のころは明滅する評価損益を見て一喜一憂していたと思います。

しかしある程度トレードになれて来たのにもかかわらず損益で一喜一憂しているのだとしたら、それは資金管理に問題がある可能性が高いです。

自分の容量を超えた資金を動かせば、当然メンタルは動揺し冷静な判断ができなくなることでしょう。

一喜一憂している自分に気づいたら、ロットを見返して無理のない金額でのトレードを心掛けましょう。

負けてすぐに再エントリーする

しっかりルール通りにエントリーし、残念ながら損切になってしまった。

しかしよく見ると損切ラインをちょっと超えただけですぐ戻りそうに見える…。

もう一度エントリーすれば今度は勝てるのではないか?

そんな考えがよぎったことが皆さんにもあると思います。

しかし、負けたすぐ後のメンタルは揺さぶられやすく、損を取り戻そうとリスクを軽視しがちです。

そのため、最悪そのまま損切りを重ねることになってしまい、気が付いたら大損になっていた…なんてことにもなりかねません。

そうならないために、エントリーポイントは厳選し、損切りにあっても納得できるような、理論的なトレードをするべきでしょう。

また、ポジションを解消した後は一定の時間ポジションを取らないというルールを設定するのもいいかもしれません。

利確した後保守的になってしまう

想定通りにレートが推移し、無事利確となった。

とてもうれしいことですが、負けた時と対照的に人は勝つと、せっかく得た利益を失いたくないといった保守的な思考に走りやすくなります。

そのため利確後にまたチャンスが訪れても、みすみすそれを逃しかねないのです。

ただ、機会損失を恐れると焦ってしまい、それはそれでメンタルが不安定になりかねないので難しいところではあります。

大事なのは利益を得ることよりも損をしないことですが、利確後にメンタルは保守的な方向に働きやすいということも覚えておくとよいでしょう。

衝動的にエントリーする

ふとチャートを見ると、きれいなチャートパターンを描いており衝動的にエントリーをした…。

Twitterなどで今後の相場の動きに関する説得力のある発言を見て、確かにそうかもしれないと納得し急いでポジションを取った…。

皆さんも経験があるかもしれませんが、このような衝動的なエントリーは失敗に終わることが多いです。

大抵の場合、別の要因を見落としていたなどの理由でうまくいかないことが多いのです。

それに衝動的なエントリーは利確や損切りのプランが練られておらず、期待値が低いことが多いです。

衝動的にエントリーをしないよう意識することと、そうならないように監視銘柄はあらかじめ色々なパターンを想定しておくことが大切といえるでしょう。

ちなみに、他人の意見に思考停止で同調してポジションを取ってしまうことをイナゴトレードと言いますが、それにかんしてはこちらの記事で悪い点やなぜうまくいかないかについて解説していますのでご参考ください!

さて、メンタルが不安定な時のサインについていろいろご紹介しました。

自分では大丈夫だと思っていても案外客観的なトレードができていないことは数多くあります。

実際、上記の例はすべて私の実体験に基づくものです笑

メンタルの不安はトレードにおける永遠の課題ですので、みなさんも注意してトレードしていきましょう。

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました