【人生100年時代】投資は人生において必要?【資産運用3本の柱】

投資

こんにちは!

今回は、投資は必ずしもやるべきなのか、ということについて考えていきたいと思います。

ちょうど先日、金融庁からこんな発表がありました。

「2000万円の不足」金融庁から衝撃の発表

「人生100年時代の蓄え、年金だけじゃ月5万円不足するから『自助』して」金融庁がブン投げ

長寿化と少子高齢化が相まって年金制度がいずれ破綻するだろうとは日頃から世間でも論じられていましたが、ついに金融庁が老後に月5万円、合計で2000万円の不足が生じると明言しました。

足りない分は労働の継続や事前の資産形成で何とかしてくれということです…。

色々文句を言いたいところですが、実際年金制度の破綻は目に見えている以上残念ながら本当に自分で何とかするしかありません。

資産形成で最初に思いつくのはやはり投資です。

もちろん投資は資産形成において強力な手段の一つですが、他にも老後に向けてできることはたくさん考えられます。

今回は投資も含め、将来に向けた資産形成のためにやるべきことについて考えていきます!

資産形成の手段3つ

資産形成の手段として、大まかに3種類に分けて解説していきます!

株、投資信託、外貨貯金、FXなどの投資

資産形成において非常に強力な手段、それが投資です。

一方、投資対象となるいずれの商品も、リスクが伴うことが大きなデメリットです。

上手く運用するためには十分な知識と経験が必要なこともハードルを高くしている要因の一つでしょう。

ただ、今ではNISAやiDeCoをはじめとした様々なシステムがあり、始めやすくなっているのではないでしょうか。

それにドルコスト運用法によるインデックス投資や外貨積み立てなど、より安全な投資法を選べばリスクは軽減されます。

資産のすべてを投資に回すとまではいかなくても、これからの時代投資はほぼ必須といえる資産形成の選択肢ではないでしょうか。

本業の他に副業を持つ

現在どの企業でも副業を許可するところが増えてきています。

さて、副業と言っても様々です。アルバイトや派遣、またはネットを介したクラウドソーシング、ブログやYouTubeの広告収入など多岐にわたります。

アルバイトなど実際に労働するものは、本業に加えてさらに労働となると体力的、時間的に厳しい側面があるかもしれませんが、すぐ収入に直結します。

一方ブログなどの広告収入は実を結ぶまでが大変ですが、一度システムを構築してしまえばそれなりに安定して収益が発生します。

一長一短ある副業の中で、自分のライフスタイルとライフプランにあったものを選ぶのが大切かと思われます。

ちなみに、私はトレードの空き時間にクラウドソーシングでライター活動をしており、それについても後日記事にまとめて紹介したいと思います。

スキルアップ・転職して給与所得を上げる

投資や副業のようなサブ的な位置づけのものにひたすら力を入れるばかりではなく、やはり本業からの恩恵を大きくするのが王道だと言えるでしょう。

そのためにはやはりただ漫然と会社に勤めるのではなく、スキルアップを図り自分を磨いていくことが大切です。

自分がより興味があり、熱意をもって努力できるジャンルに挑戦するのもいいでしょう。

そうすることで、よりスキルアップへの近道となり、出世や昇給が近づくかと思います。

まとめると、全部やろう!

大雑把なまとめで申し訳ありません笑

しかし、本業、副業、投資それぞれのキャッシュフローを整備することでお金の周りが良くなり、そこには様々なメリットがあります。

  • 将来に向けた具体的な資産計画を立てることで、お金に関する意識が向上し、それだけでも貯蓄がはかどる
  • 本業と副業で稼いだお金を定期的に投資に回すことができ、非常に運用の効率が良くなる
  • 万が一どれか1つの収入が減っても他の収入でカバーが効く

これからの時代、本業、副業、投資の3本の柱を持つことが非常に重要になってくると思われます。

というわけで、結論として、投資はもちろん本業と副業も頑張ろう!ということでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました