【FX】時間帯別値動きの傾向を解説【日経】

FX

こんにちは!

今日はFXや日経をトレードをするうえで重要な要素である、時間帯別の値動きの傾向について解説していきたいと思います。

まずは、基本となる世界各国の主要な取引所の市場が開く時間について見ていきましょう。時間はすべて日本時間換算です。

世界の市場のオープン時間

東京市場 9:00-15:00

前日のNY市場の傾向を踏襲して寄り付き、レンジもしくはリアクション波的な動きをすることが多い

中国市場 10:30-18:30

稀に東京市場の値動きに影響を及ぼす

欧州市場 16:00-2:00(夏時間)、17:00-3:00(冬時間)

東京時間を否定し、大きな時間軸のトレンドに沿った動きをすることが多い

ニューヨーク市場 22:30-5:00(夏時間)、23:30-6:00(冬時間)

大きく動いたり、大きなトレンドの起点となることが多い。

時間帯は主に三大市場で分けられる

上記は世界三大市場に加え、日本と関連が深い中国市場について記載しました。

よく見ると、三大市場である東京、ロンドン、ニューヨークが順番にオープンするような時間になっています。

すなわち、24時間取引可能なCFDやFXですが、取引をしている人の内訳は時間帯により各国の人々に入れ替わっているのです。

その中でも市場が丁度オープンするタイミングなど、特に値動きが特徴的な時刻についてまとめました。

特徴的な値動きとなりやすい時刻

9:00 東京市場オープン

前日のNY時間のトレンドと逆方向のヒゲを形成しやすい

9:55 中値

ドル円は上方向のヒゲを形成しやすい

10:30 上海市場オープン

上海が大きく下げて寄り付いた場合、日経も連れて下げることがある

14:00

少し動きが大きくなり、14:00-16:00のトレンドに影響することがある

15:00 東京市場クローズ

若干のトレンド転換が起こることがある

16:00 or 17:00 欧州市場オープン

東京時間を否定するように大きなトレンドの方向に戻りやすい

17:00-20:00

トレンドの方向に大きく動きやすい

22:30 or 23:30 ニューヨーク市場オープン

ボラティリティが大きくなりやすい

0:00-3:00

大きなトレンド転換が起こりやすい、トレンド方向に大きく動きやすい

時間帯別の対応

以上が私の経験則からまとめた時間帯別の傾向です。

ではこのことを活かして実際にどのように取引していけばいいのか?

どの時間軸でトレードしているかにもよりますが、例えばこのような例が挙げられるでしょう。

・日本時間に逆張りでエントリーし、欧州時間かニューヨーク時間で利確

・欧州時間のスタートに順張りでエントリーし、ニューヨーク時間に利確

他にも色々な手法がありそうですが、やはり自らチャートに張り付いて時間帯別の傾向を肌感覚で掴んでいき、自分に合ったオリジナルの手法を研究するのが最良でしょう。

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました