【FX、日経平均】エリオット波動の使い方【基礎編】

日経平均

こんにちは!

今回は私のトレード手法の軸となっているエリオット波動の使い方について、基礎的な部分をご紹介したいと思います。

「エリオット波動って聞いたことはあるけどよくわからない」

「少しは知っているけどカウントの仕方がわからない」

そんな人向けの記事となっています!

エリオット波動は推進波と修正波からなるフラクタル構造

エリオット波動とは、1930年代にアメリカのラルフ・ネルソン・エリオットが提唱した相場原理であり、相場の値動きはすべて5波動の推進波と3波動の修正波から構成されるフラクタル構造であるという理論です。

ではまず、その基本構造について説明しましょう。

エリオット波動の基本構造

その基本構造を図で示すと以下のようになります。

5波動からなる推進波(赤)、3波動からなる修正波(黄色)で構成されています。

このとき、左端から(1)までの波を1波、(1)から(2)までの波を2波、(2)から(3)までの波を3波…というように呼び、波の終点にその波のカウントを書くのが通例です。

では続いて、エリオット波動の基本概念であるフラクタル構造について説明します。

すべての値動きはフラクタル構造になっている

フラクタル構造とは、拡大していくと同じ構造が延々と続いているような構造のことを指します。

上の図も、じつは拡大してみると5波動と3波動が集まってできているのです。

エリオット波動では、すべての値動きは推進波と修正波で説明できるとする原理であり、それは1分足でも月足でも変わりません。

さらに、この推進波と修正波の組み合わせには様々な特徴があり、その特徴を利用することで優位性のあるトレードをすることができます!

では、その特徴についてご紹介しようと思いますが、少々数が多いため全て覚えるまではどこかに書くなりしてまとめておくのが良いでしょう。

エリオット波動のルール・ガイドライン

ここで、ルールとは絶対的に成立するものであり、これが成立していない場合カウントが間違っているというように考えるものを指します。

ガイドラインとは、こうなる傾向にあるといった程度のもので、あくまで常に成り立つわけではない事象のことを指します。

エリオット波動の2つのルール

ではまず、エリオット波動の2つのルールをご紹介しましょう。

①2波終点は1波始点を割り込まない

2波は1波の安値を更新せずに反転し、上昇します。

エリオット波動のカウントを考える際には、このルールが重要なヒントになります。

②1波、3波、5波の中で3波が最も短くなることはない

3波は推進波の中で最も強力な波であり、一番短くなることはありません。

こちらのルールもカウントを考えるときに3波を探す大きな手掛かりとなるでしょう。

エリオット波動の7つのガイドライン

続いて、エリオット波動の7つのガイドラインについてご紹介します。

少し長いので、最初は軽く読み流す程度で、トレードをしながら見返しつつ覚えていくのが良いでしょう。

①1波、3波、5波のうち1つは延長しやすい

延長とは、エクステンションとも言い、1つの波が拡大してフラクタル構造の1つ下の階層が鮮明に表れることを指します。

画像で表すと以下のようになります。これは3波が延長した場合です。

一つ下の階層の波(水色)がかなり大きく表れています。これを波の延長といいます。

②波の均等性

波の延長が起きた場合、延長しなかった残り2つの推進波は均等な長さになりやすという性質があります。

③オルタネーション

オルタネーションとは、2波と4波は値幅や期間が異なる波になりやすいという性質です。

例えば、2波が短期間で急激な下落であった場合、4波は長期間で緩やかな下落になりやすいということになります。

④チャネリング

推進波は平行チャネルにきれいに収まりやすいという性質があります。

ちなみに、平行チャネルにきれいに収まる推進波をインパルスと呼び、インパルスは2波と4波が重ならないというルールがあります。

逆に、平行チャネルに収まらず、拡大または収縮するように推移する推進波はダイアゴナルと呼び、2波と4波が重なるというルールがあります。

⑤出来高

推進波の出来高は大きく、修正波の出来高は小さくなる傾向にあります。特に3波の出来高は大きくなりやすい性質があります。

⑥比率関係

推進波同士の値幅はフィボナッチ数である0.618倍や1.618倍になりやすいという性質を持ちます。

また、修正波もその前の推進波の0.618倍や0.5倍、0.382倍の値幅になる傾向があります。

⑦波の個性

1~5波、A~C波にはそれぞれ個性があります。順に説明しましょう。

・1波 トレンド転換の兆候が少し見える程度の上昇 戻り売りも強く表れやすい

・2波 戻り売りにより大きく戻される傾向が強い

・3波 最も強い波 大きく上昇しやすい

・4波 押しは浅く、期間の長い調整になりやすい

・5波 上昇するが伸び悩む 3波終点を超えられないこともある

・A波 上昇中の修正に見えるが、下落中に出来高が増加するなどトレンド転換の兆候がある

・B波 一見再び上昇トレンドに戻ったように見え、時には5波終点を超えることもある

・C波 急激な下落となりやすい 


以上がエリオット波動の7つのガイドラインになります。

最初は把握するのが大変でしょうが、すべて頭に入れば相場の方向性をつかむ上で大きな手助けとなることでしょう。

エリオット波動のカウントの方法

次にエリオット波動のカウントをするときの主な手順をご紹介します。

あくまで1つの手順であり、考え方は他にもたくさんありますので、参考の1つとしてご覧ください。

以下では、すでに1波からC波まですべて値動きが終わった後でカウントすることを想定しています。

現在進行形の波動をカウントする場合は、次回の記事で取り上げようと思います。

まず1波始点を見つけよう

上で述べたように、2波は1波始点を割り込まないというルールがあります。

安値更新をせずに反転した場合、2波が終了し3波が始まった可能性を疑ってみるとよいでしょう。

次に3波を見つけよう

3波は強い上昇になっていることが多く、比較的見つけやすいかと思います。

また、うまく平行チャネルに収まるかどうかも確認してみると、より精度よくエリオット波動のカウントができるでしょう。

5波~B波はわかりづらいが、高値安値を切り下げているところを探そう

5波~B波は、高値を更新するかどうかが場合によって違うこともあり、前後の波で判断するのが良いかと思います。

しかし、3波終点を超えたら5波、5波終点を超えられなければB波というように判断することも可能です。

急激な下落はC波である可能性が高い

最後に、急激な下落となりやすいのは2波とC波ですが、直前の推進波の始点を割り込んだらC波と判断してよいでしょう。


以上がエリオット波動の基本となる原則です。

これらを覚えるだけでも、相場の方向性や、次にどのような値動きが起きやすいか予測がたてられ、トレード戦略の参考になるかと思います。

続編として、実際のトレードでのエリオット波動の使い方についてまとめましたので、こちらの記事もぜひご覧ください!

もっと本格的にエリオット波動について学びたい方は、次の書籍が非常に参考になるので、ぜひお買い求めください。

これ一冊でエリオット波動についてはほとんどの知識を網羅できると言っても過言ではないほどの良書です。

トレードに関する他のおすすめの書籍については、以下の記事をご参考ください!

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました