【FX、日経平均】エリオット波動の使い方【実践編】

日経平均

こんにちは!

今日は先日解説したエリオット波動の基本的知識に続き、エリオット波動を使った実践的なエントリー方法について解説していこうと思います!

先日の記事はこちらになります。

先日の記事は、エリオット波動についてよく知らない、聞いたことはあるけどカウントの仕方などが良く分かっていない、といった人向けの記事となっています。

それでは実際にエリオット波動を使ったエントリー方法について解説していきましょう。

エリオット波動を使ったエントリーの方法

前回の記事で紹介したように、エリオット波動は次の画像のような5波動の推進波と3波動の修正波で構成され、それぞれの波には以下のような個性があります。

・1波 トレンド転換の兆候が少し見える程度の上昇 戻り売りも強く表れやすい
・2波 戻り売りにより大きく戻される傾向が強い
・3波 最も強い波 大きく上昇しやすい
・4波 押しは浅く、期間の長い調整になりやすい
・5波 上昇するが伸び悩む 3波終点を超えられないこともある
・A波 上昇中の修正に見えるが、トレンド転換の兆候がある
・B波 一見再び上昇トレンドに戻ったように見え、時には5波終点を超えることもある
・C波 急激な下落となりやすい 

これらの特徴をうまく利用して、優位性のあるトレードをしていくことが、エリオット波動を使ったトレードになります!

それでは順に解説していきましょう。

基本的に、大きな流れに沿った方向にエントリーしています。

1波始点(C波終点)からロング

1つ目のエントリーチャンスは、1波始点からのロングです。

ただ、1波が始まるポイントを見極めるのは割と難易度が高く、1つ前のC波は急激な下落であることが多いので、下手にエントリーするとC波の下落に巻き込まれる可能性も大いにあります。

よって、1波を狙う際はテクニカル的にC波終了の可能性が十分高いと考えられる時に限定すべきでしょう。

例えば以下のようなケースが挙げられます。

  • 直前のC波の値幅がA波と同等の値幅に到達
  • 直前のC波が前の推進波全体(1〜5波)のフィボナッチラインに到達
  • 直前のC波が前の推進波の2波終点付近に到達
  • 直前のC波が大きな時間軸で意識されているラインに到達

これらの条件が複数重なった時にエントリーするのが賢明と言えるでしょう。

2波始点(1波終点)からショート

2波は、1〜5波全体の流れに対し逆行する波であるので、エントリーのリスクとしては高くなります。

しかし2波は1波始点こそ割らないものの急激な下落となりやすい性質があるので、リターンが十分望めます。

ただ、新たなサイクルが始まったばかりの2波始点の場所は特定しづらく、1波狙いのロングと同様に難易度はやや高くなります。

手法としては、1波がサポートラインを割ったタイミングなどでエントリーするといった方法が挙げられます。

3波始点(2波終点)からロング

3波は最も力強い波であり、最も難易度も低い波です。

2波が1波の始点を割らずに推移することで底打ちの確認が容易であり、また損切りも1波始点に設定すればいいため明確です。

さらに値幅も大きくなりやすいためリターンも望め、積極的に狙っていきたいポイントです。

これらの特性から、3波だけ狙うというトレードスタイルの方も珍しくなく、それだけでも十分な利益が望めます。

1波や2波が進行していると分析できたら、積極的に狙っていきましょう。

5波始点(4波終点)からロング

次は5波始点からのロングです。

ちなみに、この前の波である4波のショートは基本的には狙いません。

4波は浅い押しになる傾向が強く、また大きなトレンドに逆行する波であるためリスクとリターンが見合わないことがほとんどだからです。

さて、5波始点からのロングは、長期間になりがちな4波をゆっくり分析しながらエントリーできるため、余裕があります。

4波はトライアングル(三角保ち合い)を形成することが多く、4波にカウントできるところでトライアングルを形成したら積極的にエントリーしていきたいところです。

もちろん4波はトライアングル以外になることも多々ありますが、上でも述べたように長期化する傾向のある波なので、ゆっくり期待値の高いポイントを探すことが重要です。

A波始点(5波終点)からショート

続いては、A波始点からのショートになります。

しかし、A波始点は推進波から修正波への転換点であるため、1波始点の見極めと同様に難易度は高めです。

推進波の値幅をフィボナッチを用いて検証するか、意識される水平ラインの存在などで優位性があると判断できる場合のみエントリーすると良いでしょう。

C波始点(B波終点)からショート

C波はかなり大きな下落となる傾向にあり、大きく値幅を取るチャンスです。

しかし、3波終点からB波終点までの高値の位置は安定せず、セオリー通りの波動を描くとは限りません。

1〜5波までの推進波のカウントがしっかりできており、B波までのカウントやフィボナッチなどによる値幅の確認をしっかりした上でエントリーすると良いでしょう。

うまくC波に乗ることができれば大きな利益を取ることができるので、しっかりとエリオット波動のカウントをすることが大切です。


以上がエリオット波動を使った期待値の高いエントリーポイントになります。

複数ご紹介しましたが、基本的には3波のロング、次点でC波のショートを狙うのが最もリスクとリターンが良くなるトレードになるでしょう。

大切なのは、エリオット波動のカウントと一緒にフィボナッチや水平ラインなどを組み合わせて確実性を高めることです。

複数の根拠が重なるポイントでエントリーすることで、期待値の高いトレードができます。

実際にエリオット波動を用いたトレードで利益を出した時の例として以下の記事に一例をまとめてありますので、よろしければご参考ください。

また、前回もご紹介しましたが、エリオット波動については以下の書籍が非常に参考になります。

より詳しくエリオット波動について知りたい方はぜひお買い求めください!

投資に関するその他のおすすめの書籍は以下の記事で紹介しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

それでは今回はこの辺りで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました