【FX】トレードでエントリーの根拠になるチャネルラインを引く方法を解説

トレード

こんにちは!AQトレードです。

さて、チャート分析をするとき、以下のような悩みにぶつかる方も多いかと思います。

機能するチャネルを探して何本も線を引いているうちに、チャートがぐちゃぐちゃになってしまう…

高値安値に引く水平線以外にも、もっとトレードの根拠となるラインを引けるようになりたい…

チャネルラインは、引くのは簡単そうに見えて実はコツが必要です。

今回は上のような悩みを持つ方のために、機能するチャネルラインの引き方について書いていこうと思います!

トレードでエントリーの根拠になるチャネルラインの引き方【3つの手順で解説】

チャネルラインは、慣れないうちは不要なラインを引いてしまいがちですが、慣れると重要なチャネルラインだけ引けるようになります!

今回は、実際のトレードの根拠となるような、機能するチャネルラインの引き方のコツを紹介します。

【チャネルラインの引き方1】高値安値を見つけたらとりあえず引いてみる

基本的に、チャネルラインを引くときは価格の推移がチャネル内に収まっていないといけません。

つまり、チャネルラインを引くときはチャネルの上限下限に高値安値が来るように引く必要があります。

チャネルラインの例

ここで注目すべきは、上記画像のように3点の高値安値があればチャネルラインが引けるということです。

目立った高値安値を3つ見つけたら、とりあえずチャネルラインを引いてみる癖をつけましょう!

Point 高値安値を3つ見つけたら、とりあえずチャネルラインを引いてみる

【チャネルラインの引き方2】波の大きさが同じくらいになるように

しかし、とりあえず引いてみるといっても注意すべき点があります。

1つ目の注意点は、チャネルラインを引くとき、それぞれの波の大きさが偏らないようにすることです。

間違った例

上の画像では、1の安値→2の高値の波が大きすぎてバランスが悪く、チャネルラインとしても機能していません。

これは上手なチャネルラインの引き方とはいえないでしょう。

正しい例

一方、上の画像では高値安値間の波の大きさに極端な差はありません。

結果として画像右ではチャネルに反応し、反発しています。

Point 波同士の大きさが極端に変わらないようにする

【チャネルラインの引き方3】チャネル内でずっと推移するわけではない

注意点の2つめとして、チャネル内で推移していた価格もいずれはブレイクするということがあります。

上限(もしくは下限)を4回、5回と試しては反発するというケースは少なく、多くの場合は3回が限度です。

上の画像では、3回目のチャネル下限への下落に持ちこたえられず、チャネルをブレイクする形となりました。

このように、3回目の試しでチャネルラインを抜けてしまうことが多いです。

Point 3回程度チャネルラインを試すとブレイクして抜けてしまうことが多い

また、このことはエリオット波動理論にも通じるところがあり、上の画像もエリオット波動推進波の5波動が終了し、修正波に入ったことでチャネルをブレイクして下落しています。

エリオット波動についての詳しい解説はこちら

【チャネルラインを使ったエントリー方法】複数の根拠を持とう!

ここまでで、チャネルラインの引き方のコツを紹介しました。

しかし、チャネルラインだけで実際のトレードをしても、よっぽど洗練させない限り十分な勝率を出すのは難しいでしょう。

そこで、チャネルラインと他の手法を組み合わせるのが重要となります。

フィボナッチや移動平均線など、反発を示すほかの根拠があると期待値が増す

代表的なのはチャネルラインと相性の良いフィボナッチやエリオット波動理論です。

他にも、移動平均線やボリンジャーバンドなどのメジャーなインジケーターを組み合わせても十分勝率は上げられるでしょう。

Point 根拠が重なるところでエントリーする

【まとめ】うまく使えばチャネルラインは非常に強力な手法

今回の記事で紹介した内容をまとめると次のようになります。

  • チャネルラインは高値安値を見つけたらとりあえず引く癖をつける
  • 高値安値間の波の大きさが偏らないように注意する
  • チャネル内でずっと推移している場合は、そろそろブレイクするかもという意識を持つ
  • エントリーするときはチャネルラインの他にも根拠を持つ

以上になります!

さて、チャネルラインはうまく使えば非常に強力な手法です。

特に、斜め線であるがゆえに時間と価格の両方を推測できる点が優秀ですね。

チャネルラインの習得にはとにかく経験を積むことが大切だと思いますので、頑張っていきましょう!

6/25今日のドル円、日経平均相場展望

本日6/24のドル円、日経平均の相場予測を動画にしましたので、よろしければご覧ください!

【2019/06/25】日経平均 ドル円今後の展開予想

また、現在ブログランキングに参加させていただいており、ぜひともバナーのクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました