【19/05/29】週刊相場展望2

週刊相場展望

こんにちは!

まだ週中の水曜日ですが、少し重要な動きがあったので記事にしようと思います。

まずは日経CFD、ダウCFD、ドル円、ポンド円の4時間足を見てみましょう。

ドル円 日経
ポンド円 NYダウ

さて、重要なのはダウが5/14日の安値を割り込んだことです。

現在少し戻していますが、これで先週の相場展望に書いたパターン③の「5/14が下落波動のC波終点であるという可能性はなくなりました。

すなわち、ダウと相関の高い日経、ドル円もさらなる下落が見込まれます。

もちろん、C波がフェイラーに終わり安値を割り込まない可能性もあるのですが、先日書いた記事の通り大きめの下落が起きる可能性が十分あるため、それなりの値幅の下落が起こると予想しています。

それでは各チャートを1つずつ見ていきます。

日経

現在高値切り下げ、安値切り上げで推移しています。

可能性として考えられるのは以下の3パターンです。

①B波進行中で、波形はトライアングル

②B波進行中で、波形は何らかの複合修正波

③C-3波進行中

いずれにしてもこれ以上の下落の線が濃厚です。

NYダウ

5/14の安値を割り込み、この記事執筆中でチャネル下限で下げ止まっています。

一旦上げる可能性もありますが、やはり本命は下です。

ドル円

こちらも現在チャネル内で推移しており、下限で下げ止まっています。

日足で見るとそろそろトレンド転換してもおかしくないように見えますが、日経とダウがまだ下値余地がありそうなので、それを加味すると連られて下げそうです。

ポンド円

きれいにまっすぐ掘っています。

こちらも日足ではそろそろ反転してもおかしくないのですが、ドル円と同じく株が不安定なので円が買われ、さらに下を試すかと思われます。

以上、取り急ぎまとめましたが、ダウの安値更新で下目線の根拠がより強くなりました。

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました