【19/06/12】週刊相場展望6

週刊相場展望

こんにちは!

今週の日経、NYダウ、ドル円はGU後下げ、火曜のNY時間まで上げたもののそれ以降は下げていますね。

方向感の判断が難しい展開です。

前回の記事ではGU後下げてその後は週末まで上昇と予想していました。

それでは今週後半の相場予測をしていきましょう!

ドル円  今週前半の推移と後半の予想

ドル円は今週前半にかけて高値も安値も更新するというように、方向感に乏しく推移しています。

一旦は小動きが続くかもしれませんが、先週までで下落トレンドは底打ちしたと考えているので、中長期的には上目線です。

ドル円 先週時点での予想

以下は先週時点での予想です。実際は上昇は一時的でしたね。

ドル円4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

ドル円 今週後半以降の予想

以下は今週後半以降の予想です。

ドル円4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

詳しくは後述しますが、日経、ダウともに先週かなり大きく上昇しており、今週後半以降は調整に入るのではないかと考えています。

ドル円もそれにつられて多少の調整があると予想し、来週半ばあたりまで下落するのではないでしょうか。

日経平均 今週前半の推移と後半の予想

日経は先週大きく上げましたが、今週に入ってはやや方向感に乏しい展開です。

日経平均 先週時点での予想

今週も火曜の欧州時間までは堅調さを維持しましたが、火曜のNY時間以降は軟調です。

日経CFD4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

月曜GUからの東京時間に下げという予想はバッチリでした。その後の上昇も火曜までは非常に予想と合った動きだったのですが、下落に転じて以降安値を更新しています。

日経平均 今週後半以降の予想

今週火曜の21,300円で短期的な天井を打ったと判断し、これ以降は下落に転じると考えています。

最終的に暴落が来ると考えていますが、しばらくは21,500~19500円でのレンジが続くのではないでしょうか。

日経CFD4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

実際は61.8%ラインの20,700円程度で反転するかもしれません。

しかし中長期的には下目線ですので、今はショートポジションを持つチャンスのようにも見えます。

NYダウ 今週前半の推移と後半の予想

ダウは先週相当力強い上昇を見せましたが、月曜の寄り付きの高値を未だに越えられず、今週に入っては日経やドル円よりも軟調な推移です。

NYダウ 先週時点での予想

こちらも日経と同じく、GUからの下落、その後の上昇という予想はバッチリでしたが、火曜の下落以降は雰囲気が一転して悪くなっています。

NYダウCFD4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

NYダウ 今週後半以降の予想

やはり日経と同じく、火曜で一旦の天井をつけて下落に転じるという予想をしています。

NYダウCFD4時間足 白点線は週の区切り 緑線は先週時点での予想

中長期的には下目線であり、いずれ20,000ドル台までの下落も考えていますが、一旦は24,500~26,200ドルのレンジでしょうか。

今週の予想&トレード戦略まとめ

基本的に今週後半は下目線ですが、方向感なくレンジで推移する可能性もあります。

そのため、 上がったところを叩くのが有効な戦略かと思います。

また、ドル円は長期では上目線で考えており、ショートしづらいのと、日経とNYダウは先週かなり大きく上がった分下げ幅も大きいことが期待されることから、日経かダウのショートにエッジがあるかと思います。

具体的には、日経が21,200円台に戻すようなことがあればショートを狙っていくのが良いかと考えています。

しばらくレンジ相場になるかもしれませんが、レンジが終わったら大きく動くフェイズに入っていくかもしれません。

その準備段階ということで、気を引き締めていきましょう。

それでは今回はこのあたりで失礼します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました